北海道の賃貸物件の防寒対策は意外とすごい!


寒冷な気候なので賃貸には暖かい設備や構造が充実

毎年12月以降の北海道は、バナナが凍るほどの厳しい寒さに襲われます。そのため北海道の賃貸物件は、関東よりもずっと暖かく過ごせる設備や構造が充実しているは大きな特徴です。例えば北海道のアパマンを見れば、ヒーターや床暖房などが最初から完備している物件が目立っています。入居してすぐ暖房が使えるし、持ち込む必要がないのはとても魅力的です。また北海道は外気の冷えを回避するため、窓が二重窓になっていることも通常仕様です。二重窓にすることによって2つの窓の間に緩衝帯ができ、部屋の中に冷たい外気が入り込まない効果が得られます。こうした充実の防寒設備がありながら、安い物件もあるのは嬉しいところです。

豪雪地帯なので雪対策の設備も整っている

そして北海道は、ほぼ全域が豪雪地帯であることも知られています。札幌でも年間で合計400cm以上の積雪があるというから驚きです。雪の重みで建物が倒壊するケースもあるので、雪のリスクが避けられません。そのため北海道の賃貸物件には、豪雪対策をしている建物が目立ちます。例えば雪下ろしがしやすいよう、建物の側面にハシゴがかかっている姿は珍しくもありません。そして屋根の上には消雪スプリンクラーが設置されていて、温水によって雪を積もらせないという対策を取っている賃貸物件もあります。さらに駐車場を見れば、地面から温水が出て雪を溶かしている様子も確認できます。北海道の賃貸物件は、あらゆる方法で雪の驚異から身を守っているというわけです。

札幌中央区の賃貸用物件は、マンションやアパートなどが多いです。札幌市は大きな街であるため、物件が見つかりやすい環境です。