狭小住宅のメリットと部屋を広く見せるためのコツ!

狭小住宅は土地代が安くなる

土地代が高くて広い土地が手に入らないという理由で、狭小住宅をマイホームとして選ぶ方が少なくありません。この狭小住宅というのは、文字通り、狭くて小さい住宅のことです。家が狭いとなると、不便で仕方ないと感じる方も多いでしょう。しかし、土地が狭いため、土地代を抑えられるというメリットがあります。また、固定資産税や都市計画税などの税金も抑えられるので、経済的にかなりお得となります。その他にも、狭小住宅の場合、利便性が高い場所でも住宅を建てられるというメリットもあります。駅からすぐの場所、学校が近くにある場所は利便性が良いため、地価が高いですよね。つまり、広い土地では土地代が高額になるので、金銭的に余裕がないと家を建てるのは厳しくなります。しかし、狭い土地であれば土地代が安くなるので、経済面で苦しむこともなく利便性が高い場所に一戸建てを建てることが可能です。

狭い住宅を広く見せるコツ

狭小住宅で暮らす場合、間取りを工夫することで部屋を広く見せることができます。例えば、部屋と部屋を壁で仕切らないようにするといいですよ。壁があると圧迫感が生まれるので、部屋全体が狭く見えてしまいます。その点、壁ではなくカーテンなどで部屋を仕切るようにすれば開放感が生まれ、部屋がより広く見えるというわけです。その他にも、収納ではデッドスペースを活用することも大事ですよ。例えば、階段の下、玄関の天井に近い部分などを収納スペースにすれば、窮屈感を覚えることがありません。

狭小住宅はその名の通り、狭くて小さな土地に建てられる住宅のことです。明確な数字で定義されているわけではありませんが、15坪以下の土地に建てる住宅のことをさします。