ペットと快適に暮らすための注文住宅の間取りとは!


ペットのための動線を意識しよう

犬や猫は家族の一員として欠かせない存在だと感じている人は少なくありません。そのような方がマイホームとして注文住宅を建てる場合、ペットが快適に暮らせる住まいにしたいものですね。そもそもペットとして人気が高い犬は、非常に好奇心が強い上に体を動かすのが大好きな生き物です。したがって、間取りを考える際には室内を自由に動き回れるような動線を意識するといいですよ。例えば、リビングルームと廊下を一周できるような動線ならば取り入れやすいといえます。犬が好き勝手に歩くことができれば、運動不足の解消とともにストレス軽減になります。また、猫の場合は外敵を発見しやすいことから、高い場所や狭い場所を好む性質があります。したがって、キャットウォークを使って動線を作ってあげるといいですよ。

クッション性の高い床材を使おう

犬や猫が住宅のフローリングで走り回ってしまうと、足腰を痛めてしまう原因になります。そのため、室内で安全に暮らすためにはクッション性の高い床材を導入するといいですよ。また、段差があると転んで怪我をしてしまう恐れもあるので、フェンスを設置するなどの対策を行うのもおすすめです。その他にも、ペットと暮らす注文住宅を建設する際、ペットの汚れや臭いなどの対策を施すことも大事ですよね。汚れについては、水洗いがしやすいタイルや床材を使用するとすぐに洗い落とせますよ。また、臭いの対策に関しては、トイレ回りに自動センサー付きの換気扇を設置するといいでしょう。すると、臭いがこもるのを防ぐことが可能です。さらに、湿度調整機能のある壁材などを使っても効果を期待できますよ。

京都の注文住宅業者に建築を依頼するときに気を付けることは、風土を理解しているかということ。地元の材木を使用することで建物の耐久性を得られたり、地域の景観をみだすことのないデザインを提供してもらえます。