騒音とプライバシーを重視する!?快適な注文住宅を実現するために


騒音問題を想定した家づくりをしよう

間取り図からはさまざまなことが見えてきます。視覚的なことだけでなく、生活の利便性もイメージできるのです。例えば、国道に面した場所に家があるならば、騒音に悩まされる可能性があります。注文住宅はオーダーメイドで自由に住宅設計ができる魅力がありますが、逆にいえばすべて自己責任での施工になるわけです。

夜間も交通量が多い道路に面した住宅だと、睡眠を妨げられる可能性があるでしょう。それ以外にもさまざまな生活音の問題があり、水回りの近くに寝室があると排水音が大きくなります。生活音に関しては、非常に気になる人もいれば、あまり気にならない人もいます。気になる人の場合は、立地条件や水回りの場所をよく考えたうえで住宅設計をしてください。

プライバシーを損ねない住宅設計を

注文住宅づくりは住宅設計が命だと言われています。ひとたび家が完成してから不便を感じても、工事のやり直しはできないからです。家はプライバシーを守れる場であるのが好ましいため、プライバシー性は大いに考えておきましょう。例えば、客人が来たときに部屋が丸見えになるのは嫌という人は少なくありません。

ほかにも家族同士のプライバシーの問題もあり、これは大人だけでなく子どもにも共通することです。子どもは成長に伴って自分の部屋を求めるケースが多いです。将来的に子どもがほしいと考えているのであれば、子ども部屋を用意しておくのがいいでしょう。注文住宅づくりでは長期的なライフプランを想定し、住宅設計をしていくことが大切です。

福岡の注文住宅を検討しているなら、ハウスメーカーか工務店で地元密着の会社が人気です。工務店ならこだわりを相談しやすいです。