良い間取りの注文住宅とは?後悔しないためのポイント


良い間取りは人によって違う

注文住宅は好みのプランで家を建てることができますが、自由度が高いからこそ悩むことも多くなります。特に家族構成や価値観によって良い間取りは違ってくるため、人気のあるプランが良い間取りにはならないこともあります。まずは多くのプランを見ながら、よく話し合って納得のいく間取りを作ることが大切です。

良い間取りにするために失敗例を知ろう

良い間取りの注文住宅にするには、後悔の多いポイントを知ることも有効です。家が完成して初めて分かることも多いのですが、日当たりが悪いとか、窓が多すぎて物が配置しにくい、天井や部屋の広さが想像と違うという問題がよくあります。実際に生活を始めると、収納の不足やスイッチ・コンセントの配置などの失敗を感じる人も増えます。また、家族の生活スタイルの変化、特に子供は成長に従って生活が一変するため、将来をイメージしたプランが必要です。

良い間取りのための収納の考え方

夢のマイホームで後悔しないために特に重視したいのが、収納です。せっかく広い部屋を作っても、そこに家具を配置すると想定より狭くなってしまい、物が部屋に溢れがちです。家具を入れるならそれを想定したプランが必要ですし、備え付けの収納スペースを作れば物を片付けやすくなるメリットがあります。生活していると基本的に物は増えていくので、収納は余裕をもって作っておくのがおすすめです。

家事の動線を考えた間取り

良い間取りでは家事の動線を考えるのは基本ですが、意外と後悔が多いのが洗濯の動線です。1階で洗濯をして2階のベランダに干すという動線はかなり重労働で、加齢により体力が衰えるとより大変になります。そのため、なるべく短い動線にするとか、2階に洗濯機を配置できる間取りにするという方法も有りです。

千葉市から遠く離れている地域では格安で販売されていることがあります。千葉の注文住宅でもローコスト住宅を利用すべきです。